2022年に最も売れたAndroidスマホは「arrows We」 − BCNランキングがTOP10を公開

BCNランキングが、2022年に売れたAndroidスマートフォンTOP10を公開しました。

公開されたのは2022年1月1日から12月11日の日次集計データをもとにしたAndroidスマートフォンの実売台数ランキングで、同ランキングは、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースとなっており、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしているものの、携帯電話会社の販売店などの販売データは入っていないので、注意が必要です。

結果は下記の通りで、1位はFCNTの「arrows We F-51B」。同モデルは手頃な価格と使いやすさを売りにしたエントリーモデルで、上半期には計14週も1位を獲得するなど好調に推移し、下半期は人気に陰りがあったものの、コンスタントに売り上げを積み上げ、1位を獲得しました。なお、「arrows We F-51B」は「arrows We」のNTTドコモ版で、5位の「arrows We FCG01」はau版となっています。

  1. arrows We F-51B(FCNT)
  2. Reno5 A(OPPO)
  3. Galaxy A53 5G SC-53C(SAMSUNG)
  4. Pixel 6a(au)(Google)
  5. arrows We FCG01(FCNT)
  6. Pixel 6a(Softbank)(Google)
  7. Galaxy A22 5G SC-56B(SAMSUNG)
  8. AQUOS wish SHG06(シャープ)
  9. Libero 5G II(Y!mobile)(ZTE)
  10. AQUOS wish A104SH(シャープ)

なお、今回はAndroidスマートフォンのみの結果ですが、来月には様々な部門別のランキングが公開される予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です