Apple、「watchOS 9.2」を配信開始

本日、Appleが、「watchOS 9.2」を正式にリリースしました。

「watchOS 9.2」のアップデートには以下の新機能と機能改善、およびバグ修正が含まれます。

watchOS 9.2の新機能

  • レースコースを使って、屋外ランニング、サイクリング、アウトドア車椅子のワークアウトの以前のパフォーマンスと競争可能
  • ワークアウトAppの新しいカスタムキックボクシング用アルゴリズムにより指標の精度が向上
  • ノイズキャンセリングが有効なAirPods Pro(第1世代)およびAirPods Maxの使用時に環境音レベルが軽減されたことを表示するノイズAppを利用可能
  • ファミリー共有設定のユーザをホームAppに招待して、ユーザによるHomePodスピーカーやスマートホームアクセサリの制御とウォレットのホームキーを使ったドアの解錠が可能
  • Apple Watch Ultraのサイレンが作動しているときに見て分かるようにするアクセシビリティサポート
  • AssistiveTouchとクイックアクションのハンドジェスチャー制御の応答時間と精度が向上
  • Apple Watch Ultra、Apple Watch Series 8、Apple Watch SE(第2世代)で衝突事故検出を最適化
  • “睡眠”集中モードでアラームを解除した直後にWatchの時刻が間違って表示されるバグの修正
  • マインドフルネスセッションが中断するバグの修正

なお、アップデートはiPhoneの「Watch」アプリの「一般>ソフトウェアアップデート」より可能です。

Apple Watch – Apple
watchOS 9 のアップデートについて – Apple

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です