Microsoft、「Microsoft Edge」における「Windows 7/8/8.1」のサポート終了を案内 − バージョン109が最後のサポートバージョンに

現地時間12月9日、米Microsoftが、ウェブブラウザ「Microsoft Edge」における「Windows 7/8/8.1」のサポート終了を発表しました。

「Windows 7 Extended Security Update(ESU)」と「Windows 8/8.1」のサポートが2023年1月10日に終了し、「Google Chrome」が「Windows 7」と「Windows 8/8.1」のサポートを終了する為、「Microsoft Edge」もバージョン109がこれらOSをサポートする最後のバージョンになる予定とのこと。

また、「WebView2 Runtime version 109」も同時にこれらOSをサポートする最後のバージョンとなる他、「WebView2 SDK」もバージョン1.0.1519.0以降は「Windows 7/8/8.1」のサポートを終了します。

「Microsoft Edge」と「Webview2 Runtime」のバージョン109は2023年1月12日の週にリリースされる予定で、サポート終了呉も「Windows 7/8/8.1」上では動作するものの、新機能やセキュリティアップデート、バグ修正などは提供されなくなる為、該当するユーザーは注意が必要です。

さらに、「Microsoft Edge」のバージョン109は、「Windows Server 2008 R2」「Windows Server 2012」「Windows Server 2012 R2」の最後のサポートバージョンとなり、「Internet Explorer 11」はこれらOSのサポートが続く限り、引き続きサポートされるとのこと。

Microsoft Edge and Webview2 ending support for Windows 7 and Windows 8/8.1 – Microsoft

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です