Microsoft、人気FPS『Call of Duty』を任天堂のプラットフォームに10年間提供すると発表

MicrosoftのXbox部門の責任者であるフィル・スペンサー氏が、Activision Blizzard King.との買収完了後、人気ゲーム「Call of Duty」シリーズを任天堂のプラットフォームに10年提供すると発表しました。

「Call of Duty」シリーズは、2003年から続く人気FPS(ファーストパーソン・シューティングゲーム)で、提供元のActivision BlizzardをMicrosoftが買収するに当たり、プレイできるゲーム機やプラットフォームが制限されるのではないかと不安視されていました。

また同時に、PCゲーム配信プラットフォーム「Steam」にも提供し続けることも明らかにし、同社としては「より多くのゲームをより多くの人々に提供することに尽力している」ともコメントしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。