KDDI、不審なSMSを自動で検知してブロックする「迷惑SMSブロック」機能を来年2月より提供予定

本日、KDDIが、2023年2月 (予定) から、不審なSMSを自動で検知し、ユーザーが受信する前に自動でブロックする「迷惑SMSブロック」の提供を開始すると発表しました。

近年、SMSやメールから実際のサービスサイトに模倣した偽サイトに誘導し、個人のIDやパスワードなどを盗み取ったり、スマートフォンを乗っ取る不正アプリをインストールさせたりするフィッシング詐欺の被害事例が増えてきており、本機能は、フィッシング詐欺につながる危険なURLなどを含む不審なSMSを、ユーザーが受信する前にネットワーク側で検知することで、受信前に自動でブロックするサービスとなります。

なお、本機能は、au、UQ mobile、povoを利用のユーザーに無料・自動で提供され、本機能の提供に伴い、「迷惑メッセージ・電話ブロック」アプリでの「迷惑メッセージブロック機能」の無償提供を2023年2月下旬以降 (予定) に終了するとのこと。

ニュースリリース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です