Nothing、「Phone (1)」向けにNothing OS 1.1.7を提供開始 − 「AirPods」のサポート改善など

9To5Googleによると、Nothingが、同社のスマートフォン「Phone (1)」向けにNothing OS バージョン1.1.7の展開を開始したことが分かりました。

Nothing OS バージョン1.1.7には、Androidの2022年10月と11月のセキュリティパッチが含まれている他、動画撮影時の音質改善、より正確なバッテリーステータス表示、熱閾値を調整してパフォーマンスと温度のバランスの改善などが行われています。

また、新機能としてAppleの「AirPods」をサポートしており、「設定>実験的機能」から有効化することで「AirPods」のバッテリー残量をパーセンテージで表示可能になるとのこと。

なお、アップデートは順次展開されているものとみられ、まだの方は待つ必要がありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。