Microsoft、Surface 10周年記念モデルの「Surface スリム ペン 2​ 付き Surface Pro Liberty キーボード」を11月29日に発売へ

本日、日本マイクロソフトが、「Surface」シリーズの10周年を記念して、ロンドンを拠点とする グローバル デザイン ハウス「Liberty」とコラボレーションしたスペシャルエディションキーボードの世界限定商品『スリム ペン 2 付き Surface Pro Liberty キーボード』を2022年11月29日午前9時より、アメリカ、カナダ、英国、日本限定で発売すると発表しました。

「Surface」のために創られた Liberty プリントスペシャルエディションは、同社の最新OS「Windows 11」のデスクトップ画面のデザインである「Windows Bloom」の青いモチーフと「Surface」Pro シリーズの最新モデル「Surface Pro 9 」の新色、サファイアブルーからインスパイアされた美しく鮮やかな青いフローラル プリントが特徴で、「Liberty」のデザイナーにより手描きで創られたものとなっています。

『スリム ペン 2 付き Surface Pro Liberty キーボード』は、同日に発売される「Surface Pro 9」に対応するキーボードで、トーン オン トーンの青いフローラルプリントが特徴のキーボードは、「Surface スリムペン 2」をしっかりと収納し充電することができ、高速で正確なタイピングやバックライト付きキーと大型ガラス製トラックパッドを搭載し、使い心地の良さが追求されています。

また、初めて「クリック イン エクスペリエンス」を導入し、キーボードを「Surface Pro」に接続すると、自動的に今回のコラボレーションにちなんだスペシャルエディションのWindows デスクトップ画面が表示されるようになっているのも特徴。

なお、価格は43,780円(税込)で、既にMicrosoft Storeeで予約受付が開始されています。

スリム ペン 2 付き Surface Pro Liberty キーボード – Microsoft Store

Microsoft、Libertyとコラボした「Surface Pro 9」の限定モデル「Surface Pro 9 Liberty Special Edition」を発表

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。