ソニー、「LinkBuds」シリーズ向けに最新のソフトウェアアップデートを配信開始 − マルチポイント接続に対応

本日、ソニーが以前に発表していた通り、ワイヤレスイヤホン「LinkBuds」と「LinkBuds S」向けに最新の本体ソフトウェアアップデートをリリースし、マルチポイント接続に対応しました。

マルチポイント接続は、2台の機器の同時接続および機器間のシームレスな切り替えが可能になる機能で、例えばPCでの音楽再生時に、スマートフォンで着信した場合には自動でスマートフォンの通話に切り替わり、ハンズフリー通話を開始できる他、2台の機器でヘッドホンを使う場面で接続の切り替えがいらず、快適に使用可能となります。

また他にも、Bluetooth接続の安定性改善やその他の機能改善も行われています。

アップデート後のソフトウェアのバージョンは両モデルとも”2.0.2″で、アップデート方法の詳細は下記リンク先をご覧下さい。

アップデート情報
LinkBuds S – アップデート方法(iOS)
LinkBuds S – アップデート方法(Android)
LinkBuds – アップデート方法(iOS)
LinkBuds – アップデート方法(Android)

ソニー、「LinkBuds」シリーズと「WF-1000XM4」のマルチポイント接続対応を国内でも発表

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。