iFixit、「Surface Pro 9」の分解動画を公開 − Microsoftは修理ガイドの公開や正規の修理ネットワークを構築予定

本日、iFxitiが、Microsoftの「Surface Pro 9」の分解動画を公開しました。

2つ前のモデルである「Surface Pro 7」は修理し易さを示すスコアは10点満点中1点と最低スコアだったのですが、「Surface Pro 9」では修理性が向上しており、バッテリーは接着されておらず、ネジ留め式になり、交換が容易になっている他、ディスプレイも取り外しし易いように設計が変更されており、簡単に取り外すことができるようになっています。

これに合わせて、MicrosoftもiFixitに対し声明を公開しており、「Surface Pro 9」では、前モデルでも交換可能だったディスプレイ、SSD、キックスタンドに加え、バッテリー、マザーボード、放熱モジュール、Surface Connectorポートなど、多数の部品が交換可能となったそうです。

また、年内には完全な修理手順を含む「Surface Pro 9」のサービスガイドをMicrosoftのサポートサイトで一般公開する予定で、米国では大手小売業者と協力し、正規の修理ネットワークを構築し、修理オプションを身近なものにすることにも取り組んでおり、2023年初頭にサービスの提供を開始する予定であることも明らかにされました。

さらに、2023年前半を目標に、独立系修理業者および消費者にスペア部品を幅広く提供することも計画されています。

なお、「Surface Pro 9」の修理し易さを示すスコアは10点満点中7点となり、「Surface Pro 9」は日本国内では11月29日に発売予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。