JBL、シリーズ最小・最軽量の新型ワイヤレスイヤホン「JBL WAVE BUDS」を発表 − 11月4日発売

本日、ハーマンインターナショナルが、オーディオブランド「JBL」より、シリーズ最小・最軽量のコンパクトボディを採用した新型ワイヤレスイヤホン「JBL WAVE BUDS」を2022年11月4日(金)より発売すると発表しました。

「JBL WAVE BUDS」は、シリーズ最小・最軽量のコンパクトボディとオーバルシェイプ・サウンドチューブによる快適な装着感、そして手軽に使用できる機能性の両立により、さまざまなシーンで長時間使用できる完全ワイヤレスイヤホンとなっており、前モデルから踏襲した“フタ無し”のユニークデザインの充電ケースも特徴の1つ。

前モデル「JBL WAVE100TWS」からイヤホン本体のボタン操作をタッチ操作へ変更などに伴う内部構造の大きな見直しにより、機能やサウンドを損なうことなく、イヤホン本体のサイズを約20%ダウンサイジングし、小さな耳の方にも圧迫感無く装着して貰えるようになった他、上位モデル「JBL LIVE FREE 2」から採用された楕円形の様相を施したサウンドチューブ(音筒)「オーバルシェイプ・サウンドチューブ」を採用することで、高い遮音性と装着感を実現しています。

さらに、JBL国内初となるケース自体も防水性能対応(IPX2)となり、新たに防塵機能を搭載しIP54にアップグレードしたイヤホン本体と合わせて、アウトドアやスポーツなど、より幅広いシーンで使用出来るようになりました。

バッテリー駆動時間は、イヤホン本体で約8時間、充電ケースの利用で最大約32時間の長時間ワイヤレス再生が可能で、外音を取り込む「アンビエントアウェア」機能や相手の声を聞き取りやすくする「トークスルー」機能なども搭載しています。

また、本製品より、JBL独自の専用アプリ「JBL Headphones」に対応し、アプリを使用することで、イコライザーの設定やボイスアウェアの調整などができ、自分好みのイヤホンにパーソナライズすることが可能です。

カラーは、ブラック、ホワイト、ベージュ、ミントの4色展開で、対応コーデックはSBCとAAC、Bluetoothはバージョン5.2で、USB-C充電ケーブルやイヤーチップ(S, M, L)が付属し、価格は6,600円(税込)となります。

公式サイト – JBL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。