LINE、日本語フォント「LINE Seed JP」を公開 − 無料でダウンロード可能

LINEが、日本語版コーポレートフォント「LINE Seed JP」を公開しました。

「LINE Seed JP」は、2020年にグローバルでリリースした欧文コーポレートフォント『LINE Seed Sans』をベースに制作された日本語フォントで、ベースとなる既存の日本語フォントが存在せず、ひらがな・カタカナ・漢字・数字・記号すべて合計すると9354字の日本語書体がすべて一からデザインされています。

また、欧文を日本語書体にも組み込んで、和文とのサイズ、太さ、高さなどのバランスが詳細に調整されています。

特徴としては、『LINE Seed Sans』の最大の特徴である角の丸み=「カドマル」を取り入れ、一般的なゴシック体よりも少しカジュアルで柔らかい、親しみやすさが伝わる書体となっている他、モダンでありながら親しみのある印象を目指し、“ふところ”を広く取り、仮名には曲線が多く取り入れられています。

日本語の他に、韓国語とタイ語のフォントも同時に公開された他、「LINE Seed JP」を使ったLINEスタンプ「LINE Seed JP スタンプ」(120円)の販売や、LINE公式アカウントのリッチメッセージ用画像や、店舗や施設で掲出できるポスター(PDF)が無料で配布されています。

なお、フォントは同社のWebサイトから無料でダウンロードでき、フォントの有料販売以外の商用利用が可能です。

LINE Seed – 公式サイト

[via ITmedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。