新型「MacBook Pro」と新型「Mac mini」は数カ月以内に発売か − M2 Ultra/M2 Extremeチップを搭載した新型「Mac Pro」もテスト中

BloombergのMark Gurman氏が、ニュースレター「Power On」の最新版において、Appleは今後数ヶ月以内に「MacBook Pro」「Mac mini」「Mac Pro」を含む複数の新型Macを発表する予定だと報告しています。

AppleはAppleシリコンを搭載した初の「Mac Pro」の開発を続けており、社内でのテストを強化している模様。

この新型「Mac Pro」はM2 Maxチップよりも2倍から4倍の性能を持つM2 UltraチップとM2 Extremeチップを搭載し、CPUは24コアと48コア、GPUは76コアと152コア、RAMは最大256GBから選択出来るようになるようです。

Appleで活発にテストが行われている新型「Mac Pro」の構成の1つは24コアCPU(16コアはパフォーマンスコア、8コアは高効率コア)、76コアGPU、192GB RAMを搭載しているようで、このデバイスでは「macOS Ventura 13.3」が動作しているそうです。

また、新型「MacBook Pro 14/16インチ」については、これまでの情報通り、M2 ProチップとM2 Maxチップを搭載し、M2 Maxチップは12コアCPUと38コアGPUと最大64GBのRAMから構成されるものと予想されており、新型「Mac mini」は「MacBook Air 13インチ」と同じM2チップが搭載されるものとみられています。

Appleは内部でM2 Proチップを搭載した新型「Mac mini」もテストしているようですが、このモデルが販売されるのかどうかは不明。

なお、これまでの情報では、新型「MacBook Pro 14/16インチ」と新型「Mac mini」は来月、新型「Mac Pro」は2023年に発表・発売されると予想されています。

[via MacRumors

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。