Microsoft、「Windows 10 2022 Update (バージョン 22H2)」を正式に提供開始

本日、Microsoftが、「Windows 10」向けの新しい機能アップデート「Windows 10 2022 Update (バージョン 22H2)」の一般提供を開始しました。

現行の「バージョン21H2」からの変更点は、主にエンタープライズ向けのセキュリティ強化や不具合の解消を中心とするアップデートとなっており、「Windows 10」を使用し続けたい場合は将来的に本バージョンへのアップデートが必要となります。

なお、アップデートはWindows Updateより可能ですが、提供は段階的に開始される為、「更新プログラムのチェック」をクリックしてもアップデートが表示されない場合はまだアップグレード対象となっていない為、少し待つ必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。