Googleの折りたたみ式スマホ「Pixel Fold」のディスプレイに関する情報が明らかに

Googleは折りたたみ式スマホ「Pixel Fold」を開発中で、早ければ来年第1四半期に発表されると噂されていますが、91mobilesが、その「Pixel Fold」のディスプレイの仕様に関する情報を報じています。

情報はリーカーのKuba Wojciechowski氏の協力を得て明らかになったもので、「Pixel Fold」はカバーディスプレイとメインディスプレイにSamsung製のディスプレイが搭載され、折りたたみ式のメインディスプレイの解像度は1840×2208で、その寸法は123㎜×148㎜になり、ピーク輝度は1200ニトで平均輝度は800ニトになるとのこと。

また、メインディスプレイのリフレッシュレートは最大120Hzになる可能性があるそうです。

ちなみに、Samsungの「Galaxy Z Fold4」のディスプレイを開いた状態の寸法が130.1㎜×155.1㎜(ベゼルなどを含む)なので、ベゼルなどの幅を差し引いても「Pixel Fold」は「Galaxy Z Fold4」より一回り小さいデザインになることが予想されます。

なお、同氏はこれまでにも「Pixel Fold」の情報を報告しており、「Pixel Fold」のコードネームは「Felix」で、過去にはカメラの仕様も明らかになっています。(下記エントリ参照)

Googleの折りたたみ式スマホ「Pixel Fold」に関する新たな情報が明らかに − 5つのカメラを搭載など Googleの折りたたみ式スマホ「Pixel Fold」は2023年第1四半期に登場か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。