年内の発売が噂される新型「Apple TV」の情報まとめ

Appleは新型「Apple TV」を準備していると噂されていますが、MacRumorsが、その新型「Apple TV」の特徴に関する情報をまとめています。

新型「Apple TV」に関しては、これまでにBloombergの著名記者であるMark Gurman氏やApple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が情報を報告していますが、今回の情報はそれらをまとめたものとなっています。

まず、現行モデルはA12 Bionicチップを搭載していますが、新型「Apple TV」ではA14 Bionicチップが搭載され、アプリやゲームのパフォーマンスがより向上し、RAMの容量も現行の3GBから4GBに増量され、パフォーマンスとレスポンスが向上するとみられています。

また、新しいSiri Remoteが同梱されるものとみられていますが、この新型Siri Remoteがどのような新機能を搭載するかは不明。一部では「探す」ネットワークをサポートするためのU1チップが搭載されるのではないかと期待されています。

さらに、現行の「Apple TV HD」は21,800円、「Apple TV 4K」は25,800円からとなっていますが、新型「Apple TV」はコスト構造が改善され、より安価になる可能性があると報告されています。

なお、Appleは10月に発表イベントを開催しないと噂されている為、もし新型「Apple TV」が登場する場合でもプレスリリースでの発表となる可能性が高そうです。

Apple、新型「Apple TV」や新型「HomePod」を開発中 Apple、今年下半期に新型「Apple TV」を発売か − 著名アナリストが予測

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。