Microsoftの「Xbox Series X|S」と「Xbox Adaptive Controller」がグッドデザイン賞で金賞 (経済産業大臣賞) を受賞

本日、Microsoftが、「Xbox Adaptive Controller」と「Xbox Series X|S」が2022年度グッドデザイン金賞(経済産業大臣賞)を受賞したことを発表しました。

グッドデザイン賞は、1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を継承する、日本を代表するデザインの評価とプロモーションの活動で、国内外の多くの企業や団体が参加する世界的なデザイン賞として、暮らしの質の向上を図るとともに、社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすことを目的に、毎年実施されており、受賞のシンボルである「Gマーク」は見たことがある方も多いと思います。

今回受賞した「Xbox Series X|S」とゲームコントローラーの「Xbox Adaptive Controller」は、デザインの一貫性を保ちながら、利用するユーザーを中心に置いたデザインで、いつでもどこでもだれとでもプレイいただける環境を実現するゲーム機となっており、審査委員からの評価は下記の通り。

「誰でもゲームを楽しめる環境を作る」その理想を具現化するためのゲームコントローラー。それぞれの障碍レベルにあわせ、きめ細やかな要望に応えられる高い自由度により、近年益々複雑化する操作も数人で分担して一緒に楽しむことができたり、様々な器具に本体固定できるよう底面金具を複数設けたり、他社の豊富なスイッチ資産も使用できるなど、対応力の高さに驚かされる。何よりこれだけ特別設計でありながら特段高額ではないところが、同社の理念や姿勢をより明確に表しているといえるのではないか。現在に至るまで同社がいち早く専用ラボ施設を設置し、多様性あるメンバーにて日々開発改善するその姿勢に我々が受け取れる物は非常に大きいといえる。製品はもちろん、高い理念姿勢や実現力を審査委員一同高く評価した。

なお、「Xbox Adaptive Controller」は、アクセシビリティに対応し、通常のコントローラーではプレイが困難なユーザーを対象として、様々な支援団体と協力して開発されたXboxコントローラーで、ユーザーの身体の状態や遊ぶゲームに応じた環境を作れる仕組みが特徴です。

Xbox Series S
Xbox Adaptive Controller
ニュースリリース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。