Amazon、シリーズ初の読み書き一体型の電子書籍リーダー「Kindle Scribe」を発表 − 本日より予約受付開始

本日、Amazonが、Kindleシリーズ初の読み書き一体型の電子書籍リーダー「Kindle Scribe」を発表しました。

「Kindle Scribe」は、Kindleシリーズ史上最大となる10.2インチ、解像度300ppiのディスプレイを搭載し、さらにKindleシリーズで初となる、「スタンダードペン」または「プレミアムペン」が同梱されており、読書に没頭できるだけでなく、ペアリング・充電不要のペンを使うことで、電子書籍への手書き付箋の追加、PDF等の書類へのメモ書き、ノートやToDoリストの作成などが可能なデバイスとなっています。

また、明るさ自動調整機能と光の反射を抑えた高級感のあるディスプレイの搭載により、文字や画像がくっきり大画面で表示され、まるで本物の紙のように読み書きが行えます。

さらに、従来のKindleシリーズと同様に、フォントサイズや行間の調整、ダークモードへの切り替えなど、デバイスをお好みのスタイルにカスタマイズすることも可能で、USB-C充電ケーブルの採用、読書のみで最大12週間、読み書きで最大3週間持続可能なバッテリーと搭載しています。

付属するスタイラスペンを「スタンダードペン」と「プレミアムペン」の2種類から選択が可能で、スタンダードペン付きモデルには16GBのストレージ、プレミアムペン付きモデルには16GB、32GB、64GBの3種類のストレージが用意されており、価格は、スタンダードペン付きの16GBが47,980円(税込)、プレミアムペン付きの16GBが51,980円(税込)、32GBが54,980円(税込)、64GBが59,980円(税込)で、本日より予約受付が開始され、年内に出荷開始予定です。

なお、別売りでファブリックカバー、レザーカバー、プレミアムレザーカバーの3種類の専用カバーも9,980円(税込)からで同時に予約受付が開始されています。

Kindle Scribe – Amazon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。