Nothing、「Nothing Phone (1)」向けの最新アップデート「Nothing OS v1.1.4」を国内でも正式に配信開始

Nothingが、先日に発表していた「Nothing Phone (1)」向けの最新アップデート「Nothing OS v1.1.4」の配信を開始しました。

「Nothing OS v1.1.4」のアップデート内容は下記の通りで、カメラに関する多数の改良が加えられています。

【カメラ】

  • カメラアプリにNothingのウォーターマークを追加できる新たなオプション
  • 超広角カメラの色調整の改善、メインセンサーと超広角センサー間の色の一貫性の向上
  • 新しい動体検知アルゴリズムを追加し、動いているものを撮影する際の安定性を強化
  • ウルトラワイドモードで HDR を使用する際の撮影速度を高速化
  • 夜モードでの撮影をより鮮明にするため、色の再現精度を改善
  • インカメラのポートレート撮影でより自然に明るく鮮明なショットを実現

【新機能】

  • 3ボタンナビゲーションバーを切り替える新オプション
  • LHDC(Low latency and High-Definition audio Codec)のサポートを開始

【セキュリティ】

  • 9月のセキュリティパッチへの更新
  • 常時表示ディスプレイとその他の使用でのバッテリー消費量を低減
  • 熱的性能発熱対策の改善
  • システム更新に伴う新しいUI
  • 顔認証ロック解除アルゴリズムの強化
  • その他のバグ修正

なお、「Nothing Phone (1)」を利用の方は「設定>システムアップデート」よりアップデート可能です。

公式ブログ – Nothing
Nothing Phone (1) – Amazon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。