「低電力モード」は「watchOS 9」を搭載した「Apple Watch Series 4」以降の全てのモデルで利用可能

本日、「Apple Watch Ultra」と共に新機能の「低電力モード」が発表されましたが、「低電力モード」は「watchOS 9」の新機能のため、本日発表された新モデルだけでなく、「watchOS 9」を搭載可能な「Apple Watch Series 4」以降の全てのモデルで利用可能です。

低電力モードは、「常にオン」の設定がオフになり、Apple Watchのセンサーおよびモバイル通信とWi-Fi飛んできてる接続を制限することでバッテリーの持続時間を延ばす機能となっています。

ただ、通知が遅れたり、緊急速報が届かない場合がある他、以下の機能がオフになります。

・バックグラウンドでの心拍数測定
・心拍数の通知
・不規則な心拍の通知
・血中酸素のウェルネスの測定

なお、「watchOS 9」は9月13日に正式にリリースされる予定です。

Apple Watch – Apple

[via 9To5Mac

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。