Apple、「Apple Watch Series 8」を発表 − 本日より注文受付開始で9月16日に発売へ

本日、Appleが開催した発表イベントにおいて、新型Apple Watchこと「Apple Watch Series 8」を発表しました。

「Apple Watch Series 8」は、皮膚温センサーを搭載し、同センサーは5秒おきに手首の温度を測定し、女性向けの周期記録機能が利用可能になります。

また、新しい改良された3軸ジャイロセンサーと加速度センサーが搭載され、衝突事故の検出機能が利用可能になり、衝突事故が検出された場合にSOSに自動的に通報し、現在地や連絡先を提供します。

「Apple Watch Series 8」では、18時間のバッテリー駆動時間が提供され、フル充電で最大36時間のバッテリー駆動時間が可能になる低電力モードが搭載されます。

セルラーモデルは海外での国際ローミングにも対応し、年内に世界中の30のキャリアで利用可能になる予定です。

カラーラインナップは、アルミモデルはミッドナイト、スターライト、シルバー、(PRODUCT)REDの4色、ステンレススチールモデルはシルバー、ゴールド、グラファイトの3色が用意されます。

価格はGPSモデルは399ドルから、セルラーモデルは499ドルからで、本日より予約受付が開始され、9月16日より販売が開始されます。

Apple Watch

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。