「Nothing Phone (1)」、「Android 13」へのアップデートは来年初頭にリリースへ − 年内にベータ版を提供予定

先日に国内でも発売された背面が光るNothigのスマホ「Nothing Phone (1)」は、発売から3年間のOSアップデートと4年間のセキュリティアップデートが保証されていますが、「Android 13」へのアップデートは来年まで待つ必要があることが分かりました。

これは同社CEOのCarl Pei氏が明らかにしたもので、「Android 13」ベースの「Nothing OS」は年内にベータ版の提供を開始し、2023年初頭に正式にリリースすることを目指しているそうです。

なお、「Nothing Phone (1)」は先月の発売以降、既に3回のシステムアップデートがリリースされ、各種機能の改善や新機能の追加などが行われており、同社はユーザー体験を犠牲にしてまで「Android 13」へのアップデートを急ぐことはないとのこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。