NTTドコモ、スマートフォン対応「5G SA」を明日から提供開始

NTTドコモが、ドコモの5G対応料金プランを契約するユーザー向けのオプションサービスとして、スタンドアローン(Stand Alone)方式を用いた「5G SA」の提供を8月24日より開始すると発表しました。

ドコモでは2021年12月から法人向けに専用データ通信端末と合わせて「5G SA」を提供してきましたが、8月24日からはスマートフォンの利用に対応し、対応端末と対応時期は下記の通り。

【対応端末/対応時期】
・AQUOS R7 SH-52C:2022年8月24日
・Galaxy S22 SC-51C:2022年8月末予定
・Galaxy S22 Ultra SC-52C:2022年8月末予定
・Xperia 1 IV SO-51C:2022年9月以降

また、対応する周波数帯も、Sub-6帯(3.7GHz帯/4.5GHz帯)に加え、新たに28GHz帯のミリ波に対応し、通信速度は受信時最大4.9Gbps、送信時最大1.1Gbpsとなり、送受信時の最大値はともに1Gbps超えとなります。

サービスエリアは、主要ターミナル駅(札幌駅、仙台駅、東京駅、名古屋駅、金沢駅、大阪駅、広島駅、高松駅、博多駅)周辺やイベント会場や商業施設など、人が集まるエリアから展開し、2023年3月末までに全国47都道府県への展開を目指すとのこと。

なお、「5G SA」の提供開始に合わせて無料キャンペーンが終了時期未定で実施され、「5G SA」オプションを申し込んだユーザーは月額料金550円(税込)を無料で利用可能です。また、申し込みは、全国のドコモショップおよび量販店、ドコモオンラインショップ、ドコモオンライン手続き、ahamoオンライン手続きにて可能です。

ニュースリリース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。