「iOS 16」ではSafari以外のWebブラウザでもApple Payが利用可能になるかも

現在、iPhoneでApple Payを使用してWebサイト上で支払いを行う場合は純正のWebブラウザであるSafariのみで行うことが可能で、他のWebブラウザでは利用出来ないのですが、今秋にリリースされる「iOS 16」ではSafari以外のWebブラウザでも利用可能になる可能性が浮上しました。

これはMacRumorsのSteve Moser氏が見つけたもので、「iOS 16」ではMicrosoft edge、Google Chrome、FirefoxでもApple Payが利用可能になっているようです。

Moser氏は実際にMicrosoft Edgeで動作していることを示すスクリーンショットを公開しており、「iOS 15」以前では表示されない「Continue with Apple Pay」のボタンが表示されるようになっています。

Moser氏はFirefoxには言及していないものの、Redditに投稿された情報からFirefoxも対応していることが確認されており、これが正式に対応を開始したのか、どのWebブラウザで利用可能なのか、Apple側からの正式発表はありません。

また、「macOS 13 Ventura」のベータ版ではまだSafari以外のWebブラウザでは利用出来ず、この理由としては、各WebブラウザのiOS版はSafariのレンダリングエンジンであるWebkitを使用する必要があり、macOSでは独自のレンダリングエンジンが使える為ではないかとみられています。

iPhone上のApp、App Clip、およびSafariでApple Payを使用する – Apple
オンラインまたは App 内で Apple Pay を使って決済する方法 – Apple

[via The Verge

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。