Amazon、「Fire TV」シリーズがより使い易くなるアップデートを配信開始 − UIの刷新と子供向け機能強化

本日、Amazonが、「Fire TV」シリーズ向けに新機能の提供を開始したことを発表しています。

このアップデートにより、ユーザーインターフェース(UI)が、豊富なコンテンツの中から、利用したいものをより直感的に、素早く、検索しやすく刷新された他、これまで「Fire TV Stick」と「Fire TV Stick 4K Max」向けに提供されていた「子ども用プロフィール」とお子様向け定額サービス「Amazon Kids+」がFire TV搭載スマートテレビでも利用が可能になりました。

ユーザーインターフェイスの刷新では、コンテンツを見つけたいときにすぐに検索できるよう、ナビゲーションバー上の検索が虫眼鏡のアイコンとしてトップに表示されるようになり、これまで「探す」にあったカテゴリーの一部もここに集約され、コンテンツがさらに見つけやすくなっています。

また、アプリストア、映画、TV番組、アニメ、キッズ&ファミリーなどの常設カテゴリーに加えて、5つのおすすめカテゴリーのパネルを選ぶことで、コンテンツにフィルターをかけ、観たいコンテンツを見つけやすくもなっています。

他にも、今回のアップデートでナビゲーションバー上の全てのボタンに、文字に加えて分かりやすいアイコンを起用し、検索、ホーム、ライブ、マイコンテンツなどよく使うアイコンを表示することで、お気に入りのコンテンツに素早くアクセス加納となりました。

なお、Amazonの「Fire TV」シリーズについては、7月12日〜13日の2日間限定で開催される年に一度のビッグセール「プライムデー」において、Fire TV 搭載スマートテレビ「FUNAI FIRE TV 搭載スマートテレビ 55V 型 4K 液晶テレビ」が特別価格で、「Fire TV Stick」が通常販売価格4,980円から約 60%OFFの1,980 円で販売される予定です。

プライムデー – Amazon
ニュースリリース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。