「OneDrive」のWindows 11向けの新しいクライアントアプリが流出

Neowinによると、Microsoftが開発中のクラウドストレージサービス「OneDrive」の新しいWindows 11向けクライアントアプリが流出したことが分かりました。

この新しいバージョンでは新機能は追加されていないものの、設定画面のデザインが「Windows 11」に合わせたデザインに刷新されているのが特徴。

設定欄では、同期&バックアップ設定の変更や通知オプションの変更、アカウントの追加、ストレージの状況の確認などが可能です。

なお、新しいクライアントアプリはまだダウンロード可能なようですが、もしダウンロードする場合はあくまで自己責任でお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。