楽天、「楽天ブックス」「楽天Kobo」「Rakuten Music」「Rakuten TV」の2022年上半期ランキングを発表

本日、楽天グループが、同社が運営するオンライン書店「楽天ブックス」、電子書籍ストア「楽天Kobo電子書籍ストア」、定額制の音楽聴き放題サービス「Rakuten Music」、動画配信サービス「Rakuten TV」を対象に集計した「2022年 エンタメ上半期ランキング」を発表しました。

集計期間は2022年1月1日〜2022年5月31日で、「楽天ブックス」は販売数をもとに集計したもの、「楽天Kobo電子書籍ストア」は販売数をもとにシリーズごとに集計したもの、「Rakuten Music」は楽曲ごとの再生ユニークユーザー数を集計したもの、 「Rakuten TV」は売り上げ金額をもとに集計したものとなっており、各サービスごとのトップ10は下記の通り。

「楽天ブックス」2022年 上半期総合ランキング

 「楽天ブックス」上半期ランキングで総合1位となったのは、「週刊少年ジャンプ」の名作コミック『ONE PIECE』の102巻でした。

『ONE PIECE』は、物語がついに最終章に突入するということから話題を集めており、また、「楽天ブックス」の上半期総合ランキングにおいて、2013年から今年で10年連続トップ5にランクインしています。

また、Snow Manの作品が、トップ10のうち3作品(2位、7位、8位)ランクインしており、ジャニーズの中でも人気が高いことが分かります。

「楽天ブックス」2022年 上半期総合ランキング

「楽天Kobo電子書籍ストア」2022年 上半期ランキング

2021年の年間ランキングに引き続き、1位と2位に『呪術廻戦』と『東京卍リベンジャーズ』がランクインし、『呪術廻戦』は2020年にアニメ化、2021年には映画が公開されたことで引き続き話題を集めており、同様に2021年にアニメ化と映画化を行いヒットした『東京卍リベンジャーズ』が継続して高い人気を集めた結果となっています。

また、3位の『SPY×FAMILY』や7位の『その着せ替え人形は恋をする』は、コミック発売時から人気を集めていましたが、それぞれ2022年4月、2022年1月のアニメ化によってさらに人気が加速した結果で、映像化によって注目を集め、原作コミックの人気が加速する傾向が続いているとのこと。

「楽天Kobo電子書籍ストア」2022年 上半期ランキング

「Rakuten Music」2022年 上半期ランキング

「Rakuten Music」2022年上半期ランキングでは、YOASOBIやOfficial髭男dism、あいみょんといった実力派アーティスト達がトップ10入りするなか、Aimer、マカロニえんぴつといったこれまでのランキングとは違った顔ぶれが並びました。

堂々の1位に輝いたのは、Aimerの『残響散歌』で、2021年12月から2022年2月放送のTVアニメ「『鬼滅の刃』遊郭編」のオープニングテーマとして採用され、アニメの主題歌が1位を獲得するのは、2019年より「Rakuten Music」が上半期・年間ランキングを発表し始めて以来初だそうです。

「Rakuten Music」2022年 上半期ランキング

「Rakuten TV」2022年 上半期ランキング

「Rakuten TV」上半期ランキングでは、タイ・韓国・台湾・中国発のアジアコンテンツがトップ10を占め、うち5作品がタイ「BL」ドラマという結果となりました。

2021年の年間総合ランキングでもタイドラマを中心にアジアの「BL」コンテンツがランクインしており、人気が継続しており、今回1位となった中国ドラマ『山河令』は、2021年の上半期ランキングで1位となったドラマ『陳情令』と同じく、男性同士の熱い友情を描いた「ブロマンス」と「時代劇」を掛け合わせた作品となっています。

「Rakuten TV」2022年 上半期ランキング
ニュースリリース – 楽天

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。