「Adobe Lightroom」が動画編集に対応

本日、Adobeが、「Adobe Lightroom」と「Adobe Lightroom Classic」を含むフォト製品の2022年6月度のアップデートを発表し、「Adobe Lightroom」が動画に対応しました。

これにより、「Adobe Lightroom」の写真を美しく仕上げるために日頃使い慣れている編集コントロールが、そのまま動画編集でも使えるようになり、ビデオクリップを最高の状態に調整できるほか、写真とビデオの間で編集設定のコピー&ペーストが可能なため、写真とビデオの両方で一貫したルックを実現できます。

また、プレミアムプリセットやAdobe LightroomのAIが提案するおすすめのプリセットが使える他、ビデオクリップの最初や最後をトリミングして、最も重要なシーンだけを残すことも可能です。

さらに、「プリセットの適用量」スライダー、AIを搭載したアダプティブプリセット、プレミアムプリセットパックの追加など、プリセット関連機能が強化された他、AIによる自動赤目補正機能や比較表示、コミュニティ検索といった機能も追加されています。

なお、今回のアップデートの詳細は下記の公式ブログの記事をご覧下さい。

2022年6月フォト製品アップデートのご紹介 – Adobe

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。