Microsoft、Samsung製スマートTVに「Xbox」アプリを提供 − コンソール不要でクラウド対応ゲームをプレイ可能に

本日、Microsoftが、Samsungとパートナーシップを結び、「Xbox」アプリを2022年モデルのスマートTVに導入することを発表しました。

これにより、コンソールが無くても数百に及ぶクラウド対応ゲームをテレビの大画面で体験できるようになります。

「Xbox Game Pass Ultimate」のメンバーであればライブラリに収録されている数百に及ぶゲームタイトル、そして、「Xbox Game Pass」のメンバーでなくとも誰もが『Fortnite』をSamsungのスマートTV で楽しむことが可能になるとのこと。

「Xbox」アプリは6月30日頃より順次提供が開始され、Samsung Gaming Hub、または Media Hub より既存のMicrosoftアカウントにログインし、お気に入りのBluetooth コントローラーをスマートTVとペアリングするだけで、簡単にゲームを始めることが出来ます。

ただ、残念ながら日本ではSamsung製のスマートTVは販売されていません。

ニュースリリース – Microsoft

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。