ソフトバンク・ワイモバイル・LINEMO、迷惑SMS対策機能を6月23日より提供開始

本日、ソフトバンク、ワイモバイル、LINEMOが、ショートメッセージ(SMS)を利用して行われるフィッシング詐欺対策を目的に、迷惑SMS対策として「なりすましSMSの拒否」、「URLリンク付きSMSの拒否」および「迷惑SMSフィルター」の新機能を2022年6月23日(木)から提供予定であることを発表しました。

また、これまで提供してきた「電話番号メール拒否・許可」に、アルファベットでの入力指定を追加するとのこと。

新たに利用可能になる迷惑SMS対策内容は下記の通り。

なりすましSMSの拒否

差出人をソフトバンクなどと詐称したSMSを拒否できます。

URLリンク付きSMSの拒否

本文にURLが含まれているSMSを拒否できます。携帯電話番号から送られてくるSMSが対象です。

迷惑SMSフィルター

機械学習(マシンラーニング)による解析を活用し、送られてくるSMSを迷惑SMSかどうか判断し、拒否します。悪意のあるウェブサイトへ誘導するようなSMSなどに非常に有効です。

電話番号メール拒否・許可

従来の電話番号での入力指定に加えて、新たにアルファベットでの入力指定を追加します。これにより発信元がアルファベットで表示されている迷惑SMSも拒否できるようになります。

なお、これら機能はいずれも無料で利用可能です。

ニュースリリース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。