FCCが「Google Pixel Watch」の資料を公開 − 対応バンドやUSB-C充電ケーブル同梱を確認

Googleは今秋に同社初のスマートウォッチ「Pixel Watch」を発売予定であるものの、その詳細はまだ明らかにされていない部分が多いのですが、9To5Googleによると、FCC(米連邦通信委員会)が「Pixel Watch」の資料を公開したことが分かりました。

公開されたのは「Pixel Watch」の「GQF4C」「GBZ4S」「GWT9R」の3つのモデルの資料で、「GQF4C」はWi-Fiモデルで、「GBZ4S」と「GWT9R」はLTEモデルとなっており、両モデルがサポートしているLTEバンドは下記の通り。

【GBZ4S】
・LTE Band 5
・LTE Band 7
・LTE Band 26

【GWT9R】
・LTE Band 2
・LTE Band 4
・LTE Band 5
・LTE Band 12
・LTE Band 13
・LTE Band 17
・LTE Band 25
・LTE Band 26
・LTE Band 66
・LTE Band 71

対応バンドから「GWT9R」は米国向けとみられている他、日本の大手4キャリが対応しているバンドは下記の通りなので、日本向けはまた別のモデルが用意されることが予想出来ます。

【日本の4大キャリアがサポートしているLTEバンド】
・LTE Band 1
・LTE Band 3
・LTE Band 8
・LTE Band 11
・LTE Band 18
・LTE Band 19
・LTE Band 21
・LTE Band 26
・LTE Band 28
・LTE Band 41
・LTE Band 42

また他にも、「Pixel Watch」の充電ケーブルはUSB-Cタイプのものが同梱される他(本体との接続部はApple Wachと同じようなマグネット内蔵のワイヤレス充電になるとみられています)、製造元は台湾のCompal Electronicsになることも明らかになっています。

「Google Pixel Watch」のコプロセッサは「ARM M33」 − 触感フィードバックも搭載か 「Google Pixel Watch」は「Exynos 9110」を補完するコプロセッサを搭載 − ストレージ容量は32GB Google、スマートウォッチ「Pixel Watch」を発表 − 今秋に発売へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。