Googleの「Pixel Watch」は古いチップを搭載か − 「Galaxy Watch」シリーズに搭載されていた「Exynos 9110」を搭載との情報

先日、Googleが同社初のスマートウォッチ「Pixel Watch」を発表したものの、具体的な仕様は明らかにされませんでしたが、搭載されているチップは少し古いチップである可能性があることが分かりました。

これは9To5Googleが情報筋の話として報じているもので、「Pixel Watch」には2018年からSamsungの「Galaxy Watch」シリーズに搭載されていたチップ「Exynos 9110」が搭載されているそうです。

昨年発売された最新の「Galaxy Watch 4」には「Exynos W920」が搭載されており、「Pixel Watch」にも「Exynos W920」が搭載されるのではないかと予想されてきましたが、1世代古いチップになるようです。

なお、「Exynos 9110」は10nmプロセスで製造され、2つのCortex-A53コアを搭載したチップで、「Pixel Watch」が古いチップを採用した理由は「Pixel Watch」のプロジェクトが早い時期から開始されていた為である可能性が高いと推測されています。

Pixel Watch – Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。