昨年にアクティベートされたAndroidスマホの台数は10億台以上

本日、Googleが「Google I/O 22」の基調講演を開催しましたが、その基調講演の中で2021年に10億台以上のAndroidスマホが新規にアクティベートされたことを明らかにしました。

同社は例年の「Google I/O」でAndroidの月間アクティブ端末数などを明らかにしていますが、今年は月間アクティブ端末数は明らかにされず、昨年1年間に新規にアクティベートされたAndroidスマホの数のみ公開され、昨年だけで10億台以上が新規にアクティベートされたそうです。

世界の総人口が約80億人と言われていることから、昨年だけでその約8分の1がいずれかのメーカーのAndroidスマホをアクティベートしたことになります。
(実際には1人で数台アクティベートした人もいますが…)

また、今年3月には大画面用の「Android 12L」をリリースするなど、同社はタブレットや折りたたみ式デバイスにも注力していますが、大画面のAndroid端末のアクティブ端末数が2億7,000万台以上に達していることも明らかにされました。

Android搭載デバイスのアクティブ端末数が30億台を突破

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。