DJI、新型小型ドローン「DJI Mini 3 Pro」を発表

本日、DJIが、新型小型ドローンの「DJI Mini 3 Pro」を発表しました。

搭載されるカメラユニットは1/1.3インチCMOSセンサーはデュアルネイティブISOを搭載し、HDR映像の直接出力に対応している他、4K/60fps動画、4,800万画素のRAW画像、1080p/120fpsのスローモーション動画が撮影可能で、ジンバル部分も再設計され、回転範囲が大きくなり、ローアングル撮影や縦向き撮影が可能となっています。

また、重さは249g未満で、前方、後方、下方の障害物検知システムと全く新しい機体設計により、より広い感知範囲と安全性が向上しており、映像伝送システムもOcuSync 3.0にアップデートされ、他の主な仕様は下記の通り。

・最大速度:16m/s
・運用限界高度:4000m
・充電時間:64分
・最大飛行時間:34分

新たに5.5インチのタッチディスプレイを搭載した送信機「DJI RC」が同梱されるモデルも用意されており、最大飛行時間はアップグレード版のインテリジェント フライトバッテリー Plusを使うことで最大47分に拡大可能です。

なお、価格は本体のみが92,400円(税込)、スマホをディスプレイとして利用する従来の送信機「DJI RC-N1」が付属したモデルが106,700円(税込)、「DJI RC」が付属したモデルが119,900円(税込)となっています。

また、インテリジェント フライトバッテリー Plus 2個、2WAY充電ハブ、データケーブル、ショルダーバッグ、予備プロペラ、ねじが同梱された「DJI Mini 3 Pro Fly Moreキット Plus」も29,480円(税込)で用意されています。

DJI Mini 3 Pro – DJI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。