「iPhone 14」への搭載が噂される衛星通信を利用した緊急通報システム、将来的に「Apple Watch」にも搭載へ

(画像はSeries 7)

BloombergのMark Gurman氏が、ニュースレター「Power On」の最新版において、「Apple Watch」は将来のモデルで衛星通信機能を搭載する可能性があると報告しています。

次期iPhoneこと「iPhone 14」シリーズには緊急時の連絡用として衛星通信機能が搭載されると噂されていますが、Mark Gurman氏は「Apple Watch」にもこの機能が搭載されることが決定していると聞いているそうです。

その時期についての確たる情報はないようですが、今年発売されるモデルか、来年に発売されるモデルになるとのこと。

なお、これら衛星通信機能のパートナーとしてはGlobalstar社の名前が挙がっており、同社は今年2月にある顧客向けに衛星サービスを提供するために17基の新しい衛星を購入することに合意したことを発表しており、この顧客がAppleとみられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。