ノッチやカメラホールの無い完全なフルディスプレイ「iPhone」の登場は2024年か

現在、「iPhone」はベゼルレスのフルディスプレイを採用しているものの、画面上部にノッチがあり、次期モデルとなる「iPhone 14」でもパンチホールディスプレイが採用されると噂されていますが、ノッチやカメラ用の穴が廃止され、完全にフルディスプレイ化した「iPhone」は2024年に登場するかもしれないことが分かりました。

これはApple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が予測しているもので、本当の意味での完全なフルディスプレイ「iPhone」は2024年に登場すると予想しています。

そのモデルでは、画面内蔵型のFace IDやフロントカメラが採用され、フルディスプレイ化が実現するとのこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。