セガが「クレイジータクシー」と「ジェットセットラジオ」の新作を開発中

Bloombergが、計画に精通した関係者の話として、セガが、過去の人気タイトルである「クレイジータクシー」と「ジェットセットラジオ」の新作を開発していると報じています。

「クレイジータクシー」は1年以上前から開発が進められており、2〜3年以内の発売を目指しているとのことだが、両タイトルともまだ開発の初期段階で中止の可能性もあるそうです。

これら2つのタイトルは、同社が1年前に発表した「スーパーゲーム」構想の最初の作品になるようで、「スーパーゲーム」構想とは既存の知的財産を使ったグローバルブランド化による収益基盤の強化や、オンラインコミュニティーの構築を目指す取り組みとされています。

同構想を主導しているのは、ソニーでPlayStationの立ち上げに関わった経歴のあるゲーム部門トップの内海州史氏で、同構想には現在4本程度のタイトルが含まれている模様。

なお、これらタイトルは人気ゲーム「フォートナイト」のような世界的ヒットの創出を目指し、巨額の予算を投じて開発していると報じられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。