イーロン・マスク氏がTwitterの取締役に

昨日、テスラのイーロン・マスク氏がTwitterの株式9.2%を買収し、筆頭株主になったことをお伝えしましたが、その後、同氏がTwitterの取締役に就任したことが分かりました。

これはTwitterのパラグ・アグラワルCEOが明らかにしたもので、同氏は「我々は@elonmusk(イーロン・マスク氏)を取締役に任命することになりました。ここ数週間、イーロンとの話し合いで、同氏が我々の取締役会に大きな価値をもたらすことが分かった。」「彼は情熱的なTwitterの支持者であると同時に厳しい批評家でもあり、まさに我々が取締役会に必要としている存在だ。」と述べています。

これに対し、イーロン・マスク氏も「今後数ヶ月、パラグ・アグラワルCEOや取締役会と共にTwitterを大きく改善出来ることを楽しみにしてる」と返信しています。

イーロン・マスク氏がTwitterの株式の9.2%を取得 − 筆頭株主に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。