今春に投入される新型Surfaceは「Surface Laptop Go 2」のみの模様

(画像は現行モデル)

米Microsoftは現地時間の4月5日にハイブリッドワークの未来を示す「Windows」関連の発表イベントを開催する予定ですが、Windows CentralのZac Bowden氏が、そのイベントで発表される内容を予想する記事を公開しており、その中でMicrosoftの新型ハードウェア製品に関する情報を報告しています。

同イベントはあくまでITプロフェッショナル向けの発表イベントで、「Windows 11」の新機能や「Microsoft 365」「Microsoft Defender」などに関する新たな情報が発表される可能性が高く、新型「Surface」などのハードウェア関連の発表はないとみられていますが、もし可能性があるとすれば「Surface Laptop Go 2」の名前を挙げています。

同イベントで発表される可能性は低いと前置きしつつも、Microsoftが今春に投入予定の新型「Surface」は「Surface Laptop Go 2」のみと聞いているようです。

「Surface Laptop Go 2」は、Intelの第11世代Coreプロセッサを搭載するものの、それ以外には大きな変更はなく、マイナーチェンジになるものとみられています。

なお、4月5日のイベントでは、「Microsoft 365」に関する発表の他に、予てから噂され、「Monarch (コードネーム)」や「One Outlook」と呼ばれている新しいメールアプリや、プレビュー版でテストされている「Windows 11」のファイルエクスプローラーのタブ機能などが発表されるものと予想されています。

米Microsoft、4月5日にハイブリッドワークの未来を示す「Windows」関連の発表イベントを開催へ Microsoft、今春に「Surface Laptop Go 2」を発表か − 内部仕様のアップデートのみのマイナーチェンジになる見込み Microsoft、「One Outlook」を今春に正式発表か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。