上海のロックダウンは「iPhone SE (第3世代)」の生産に影響なし − ただし、需要も当初の予想より低い模様

中国の上海では新型コロナウィルスの感染拡大を受け、本日より市内を二つの区域に分けて順番にロックダウン(都市封鎖)を実施する対応を開始しましたが、Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、同ロックダウンは「iPhone SE (第3世代)」の生産には影響はないと報告しています。

同氏曰く、上海のロックダウンは「iPhone SE (第3世代)」の生産には影響しないとのこと。

しかし、「iPhone SE (第3世代)」の需要は予想よりも低く、2022年の同製品の出荷予想を2,500〜3,000万台から1,500〜2,000万台に引き下げたことを明らかにしています。

なお、上海のロックダウンを受けて、Apple製品の組み立てを請け負っているWistronやTSMCに影響があるとみられていますが、現時点でどの程度の影響があるのかは不明です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。