iFixit、「Mac Studio」と「Studio Display」の分解動画を公開

iFixitが、「Mac Studio」と「Studio Display」の分解動画を公開しました。

まだ詳細なレポートは公開されていないものの、動画ではM1 Maxチップを搭載した「Mac Studio」と「Studio Display」を分解する様子が映っています。

「Mac Studio」に関してはこれまでに報じられている通り、SSDの空きスロットが1つあるものの、そのスロットにSSDを挿しても動作しないことが明らかになっていますが、iFixitがテストした結果、同じ容量のSSDに交換することは可能なものの(Apple Configurator 2でDFUからリストアは必要)、容量が変わるようなアップグレードは出来ないことが改めて確認され、iFixitによる「Mac Studio」の修理し易さを示すスコアは10点満点中6点となっています。

なお、「Studio Display」に関してはあまり詳細には触れられていないものの、内部構造は「iMac」に似ており、ウェブカメラは「iPhone 11」のカメラに似ているものの、より詳しいレポートを待つ必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。