マクラーレンF1、Googleとの複数年のパートナーシップを発表 − Chromeカラーのホイールカバーを採用

本日、マクラーレンF1が、米Googleとの複数年のパートナーシップを発表しました。

このパートナーシップにより、マクラーレンは、シーズンを通して、プラクティスセッション、予選、レース中に5G対応のAndroidデバイスとGoogle Chromeブラウザを使用することになるとのこと。

また、Androidのロゴがエンジンカバーに掲載される他、Google Chromeカラーのホイールカバーが今年のF1マシン「MCL36」に採用されます。

さらに、パートナーシップはF1チームだけでなく、マクラーレンMXエクストリームEチームにも及び、McLaren MX Extreme EレースカーとドライバーにもGoogleのロゴが掲載されます。

なお、2022年のF1は今週末のバーレーンGPより開幕します。

ニュースリリース – マクラーレン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。