「watchOS 8.5」では「Apple Watch」にアップデートや修復が必要な問題が発生した場合に「iPhone」を使って対応可能に

本日、「watchOS 8.5」と「iOS 15.4」が正式にリリースされましたが、「watchOS 8.5」以降は「Apple Watch」にアップデートや修復が必要な問題が発生した場合に「iPhone」に近づけるように促すアニメーションが表示されるようになったことが分かりました。

これはAppleが『Apple Watch に赤い「!」マークが表示される場合(英語版)』のサポートドキュメントを更新し、明らかになったもので、「watchOS 8.5」以降は「Apple Watch」にアップデートや修復が必要な問題が発生した場合に「iPhone」に近づけることを促すアニメーションが表示されるようになるとのこと。

そして、このアニメーションが表示された場合、「iOS 15.4」以降を搭載した「iPhone」を使って「Apple Watch」の修復を行うことが可能になっており、「Apple Watch」を充電器にセットしてサイドボタンをダブルクリックすると「iPhone」に対応手順が表示されるそうです。
(iPhoneはWi-FiとBluetoothがオンになっている必要がある他、Wi-Fiは2.4GHzネットワークのみ利用可能)

また、「Apple Watch」に赤い「!」マークが表示された場合も、「Apple Watch」のサイドボタンをダブルクリックし、上記の手順に従うよう案内されています。

それでも問題が解決しない場合は、Appleサポートに問い合わせすることを案内しています。

If your Apple Watch shows an iPhone and a watch or a red “!” – Apple
Apple Watch に赤い「!」マークが表示される場合 – Apple

[via 9To5Mac

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。