「iPad mini (第6世代)」で搭載された音量調節ボタンが本体の向きに合わせて動的に変化する機能、「iOS 15.4」では他のモデルでも利用可能に

「iPad mini (第6世代)」では本体を回転させると音量調節ボタンの役割がそれに応じて変わるようになっていますが、この機能が「iOS 15.4」では他のiPadでも利用可能になることが分かりました。

「iPad mini (第6世代)」では本体を回転させると音量調節ボタンの役割が本体の向きに応じて変更され、音量を上げるときは右または上のボタン、下げるときは左または下のボタンを使うようになっていますが、「iOS 15.4」では同機能が他のiPadでも利用可能になっています。

当ブログでも「iPad (第7世代)」や「iPad Pro 11インチ (第1世代)」で利用可能なことを確認しており、「設定>サウンド」に新たに「音量コントロールの位置を固定」のオプションが追加され、オンにすると音量ボタンの上げ下げの位置が固定され、オフにすると本体の向きに応じて音量を上げ下げする位置が動的に変わるようになります。

(本体の向きにより音量上げ下げの位置が動的に)

なお、「iOS 15.4」は日本時間の3月15日(火)の未明に正式にリリースされるものと予想されます。

[via iMore

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。