NTTドコモ、5Gサービスのエリア展開を加速 − 今春より4G周波数帯を利用した5Gサービスを提供へ

本日、NTTドコモが、ユーザーのニーズに応えるために5Gエリア構築のスケジュールを加速し、2024年3月までに全国1,741すべての市区町村への展開および人口カバー率90%以上の実現を目指すと発表しました。

現在、ドコモの5Gサービスの契約者数は1,000 万以上に達しており、引き続き、ユーザーからの要望に基づき「瞬速5G」によるエリア展開を進めるとともに、周波数の有効利用の観点から、4G(LTE)周波数を利用した5Gを活用することで、5Gサービスのエリア展開を加速していくとのこと。

これにより、2022年春より、現在4G(LTE)サービスで利用している700MHz帯、3.4GHz帯および3.5GHz帯の周波数帯から順次、5Gサービスとしての提供が開始される予定です。

ニュースリリース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。