「Mac Studio」のM1 MaxモデルとM1 Ultraモデルの重量差の理由が明らかに

Appleが昨日発表した新型Macの「Mac Studio」はM1 MaxチップとM1 Ultraチップの搭載モデルで重量が異なっているのですが、The Vergeによると、その重量差がある利用が明らかになりました。

「Mac Studio」の重量は、M1 Maxチップ搭載モデルが2.7㎏、M1 Ultraチップ搭載モデルが3.6㎏と、0.9㎏の差があるのですが、The VergeがAppleに問い合わせたところ、この重量差は冷却機構の素材の違いからきており、M1 Maxチップ搭載モデルではアルミ製ヒートシンクが搭載されているものの、M1 Ultraチップ搭載モデルは銅製の冷却機構を搭載しているそうです。

アルミと銅では比重差が2.7:8.9とアルミの方が約3分の1となっており、「Mac Studio」の重量差はこの素材の違いに加え、M1 Maxチップ搭載モデルは通常のヒートシンクなのに対し、M1 Ultraチップ搭載モデルは冷却機構を搭載していると明らかにされていることから、冷却システムの構造にも少し違いがあるものと予想されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。