「Minecraft」がロシアのApp StoreとGoogle Playから削除される − EAなどもロシアとベラルーシでゲームの販売を停止

昨日、Microsoftがロシアによるウクライナ侵攻を受け、ロシアでの製品の新規販売やサービスの新規提供を停止すると発表しましたが、その影響か、人気サンドボックスゲーム「Minecraft」がロシアのApp StoreとGoogle Playから削除されたことが分かりました。

App Storeからは完全に削除され、Google Playでは体験版のみが残っている状況となっています。

ゲーム関連では、エレクトロニック・アーツ(EA)やRPG『ウィッチャー』シリーズで有名なCD Projekt Redなどもロシアとベラルーシで自社ゲームおよびコンテンツの販売を停止しています。

また、任天堂はロシア向けのニンテンドーeショップをメンテナンスモードに移行しており、現在はアクセス出来なくなっていますが、これは同ショップで使用している決済サービスがルーブルでの支払い処理を停止したためと案内しています。

[via iMore

Microsoft、ロシアでの製品やサービスの新規販売を停止 − ウクライナ侵攻を受け

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。