Adobe、ロシアでの製品販売およびサービス提供を停止 − ロシア政府系メディアからの各種Cloudサービスへのアクセスも停止

Adobeが、ロシアによるウクライナ侵攻を受け、ロシアでの新規販売を全面的に停止すると発表しました。

同社の製品やサービスがこの無法な戦争を支援するために使用されないようにする責任があるとのことで、同社はロシアにおけるAdobe製品およびサービスの新規販売を直ちに全て停止するとのこと。

また、ロシア政府が支配するメディア関係者に対しては、Adobe Creative Cloud、Adobe Document Cloud、Adobe Experience Cloudへのアクセスを停止しているそうです。

さらに、人道的危機と難民の状況を支援するために、100万USドル以上の支援も相次いで実施しており、誤報との戦いの一環として、現地にいるジャーナリストやフォトジャーナリストを支援する団体への投資も行う予定であることも明らかにされました。

Adobe

Microsoft、ロシアでの製品やサービスの新規販売を停止 − ウクライナ侵攻を受け 「Spark」などで有名なReaddleがロシアのApp StoreとGoogle Playから撤退 Apple、ロシアで全製品の販売を停止 − ロシア国営メディアのアプリも配信停止

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。