著名アナリストが新型「iPhone SE」の一部仕様を予測

Appleは現地時間の3月8日に開催する発表イベント「Peek performance.(最高峰を解禁。)」では新型「iPhone SE」が発表されると噂されていますが、Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏のものとみられるTwitterアカウントが、新型「iPhone SE」のスペックに関する情報をツイートしています。

その情報はこれまでに報じられていることばかりですが、新型「iPhone SE」は今月より量産が開始され、ストレージ容量は64GB/128GB/256GBで、A15チップ搭載、5G通信対応が特徴になり、カラーはホワイト、ブラック、レッドの3色展開で、デザインは現行モデルから変わらないとのこと。

なお、その新型「iPhone SE」の2022年の推定出荷台数は250〜300万台と予想されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。