Amazonとヤマダ、日本国内初の「Amazon Fire TV」搭載スマートテレビを発売 − 発売記念セールも開催中

本日、Amazonとヤマダホールディングスが、日本国内初の「Amazon Fire TV」搭載スマートテレビを3月5日に発売すると発表しました。

本製品は、人気を博しているAmazonのストリーミングメディアプレーヤー「Fire TV」を搭載し、地上波・BS・CS・4Kの視聴だけでなくストリーミング動画の視聴も可能なことに加えて、ホーム画面からユーザーの好みに応じたコンテンツを直感的に選び、視聴することができるスマートテレビとなっています。

4K液晶テレビとHD液晶テレビの4機種で展開され、ヤマダホールディングスグループが独占販売権を有する「FUNAI」ブランドとして、ヤマダホールディングス限定で販売されます。

販売されるモデルと価格は下記の通りで、本日から3月4日23時59分までにAmazonのヤマダデンキで予約注文を行うユーザーに対し、特別価格で販売する発売記念セールも実施されます。
(括弧内が特別価格)

・32インチHD液晶テレビ:54,780円
・43インチ4K液晶テレビ:109,780円(76,780円)
・50インチ4K液晶テレビ:120,780円(87,780円)
・55インチ4K液晶テレビ:142,780円(109,780円)

なお、本日よりAmazonのヤマダデンキで予約受付が開始され、3月5日より全国のヤマダホールディングスグループ店舗、ヤマダウェブコムにて、順次販売および出荷開始予定です。
(32インチHD液晶モデルのみ4月末の販売・出荷予定)

Amazonのヤマダデンキ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。