次期「Surface Pro X」か − Snapdragon 8cx Gen 3を搭載した「Surface」のベンチマークデータが登場

(画像はSurface Pro Xの現行モデル)

WinFutureによると、GeekBenchのベンチマークデータベースに「Snapdragon 8cx Gen 3」を搭載した新型「Surface」とみられるデバイスのベンチマークが投稿されていることが分かりました。

そのモデルの製品名は「OEMVL OEMVL Product Name EV2」となっており、過去にも似たような名前でMicrosoftの「Surface」シリーズのベンチマークが報告されていることから、今回も何らかの新型「Surface」であることは間違いなさそうで、ARMベースであることから次期「Surface Pro X」である可能性が高いものの、ARMベースの別の新型「Surface」を開発している可能性もあります。

また、最後に”EV”と付いていることからEVT(技術検証試験)段階の試作機である可能性があり、開発段階がまだEVT段階である場合、量産までにまだDVT(設計確認試験)とPVT(生産検証試験)の段階が残っており、発売はまだ先になるものと予想されます。

OSには「Windows 11 Pro」のInsider Previewビルドが搭載され、RAMは16GBで、ベンチマークスコアはシングルコアが860〜1000、マルチコアが4700〜5500ほどとなっており、現行の「Surface Pro X」のスコアはシングルコアが700〜800、マルチコアが2700〜3100ほどの為、順当に性能がアップしていることになります。

なお、問題のベンチマークデータはこちらで閲覧可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。